« あなたはきっと彼女と歩いてゆく | トップページ | 誰かを愛すことなんて本当はとても簡単だ »

くすぐりあって転げた日

♪チェリー スピッツ

1月15日 午後から雨、の土曜日。
めずらし~く9時過ぎに起きて、電話とパソコン用意して
チケット獲得体制万全・・・だったけど、10時3分には
ネット、売り切れてた。きっと電話もだろうな。ちぇ。

そして、たくさんの友達から何度も薦められていた
「猟奇的な彼女」を見る。個々のエピソードはかわいいし
後半は好きだったけれど、絶賛!じゃあないかも。
オススメされすぎた映画って、期待が大きすぎてしまうのよね。
でも面白かったよ!
それから、雨が降り出したなか、「北の零年」を見に行く。
まったくノーチェックだったんだけれど、これが見たい!と
言ってのけた人がいたので。ふふっ。
うーん・・・・。吉永小百合はきれいだったけど、彼女の
ための映画な気がするよ。しかも長いんだよ!
3時間もあるんだよ!ちょっと疲れました。
「深くて重い、なかなかな映画だったなぁ!」←同行者。
映画の感想って人それぞれ違うよね。トヨエツは素敵でした。

・・・本当はね、映画の前に飲んだビールと焼酎のせいで、
前半、かなり眠たかったの。映画前のお酒は、やっぱり
ビール1杯程度にしなくっちゃね。

そんなこんなで映画三昧の土曜日。楽しかった。

|

« あなたはきっと彼女と歩いてゆく | トップページ | 誰かを愛すことなんて本当はとても簡単だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/11414838

この記事へのトラックバック一覧です: くすぐりあって転げた日:

« あなたはきっと彼女と歩いてゆく | トップページ | 誰かを愛すことなんて本当はとても簡単だ »