« 浴衣の袖のあたりから | トップページ | 静かに流れるラジオの古い歌 »

幸せの意味を忘れぬように

♪君は僕の宝物 槇原敬之
神様、幸せの意味、忘れてしまいそうです。

6月16日(木曜日)
今年の夏は水着を買うんだ!
と、かずと水着会。
大丸で待ち合わせて、閉店の20時まで催し物売り場で
水着を探す。でもさ、なかなかサイズが合うのがないん
だよね・・・・。
結局、かずは目当て(オリーブ色の花柄、を探していて、
ちゃんとそんな柄のを見つけて買っていた)のものを
見つけて、わたしは何も買えずに家路に着く。
成り行きでごはんを食べに行くことになって、にんにくやさん。

「マグロのカツレツ」を頼んだはずが「牛肉のカツレツ」
でオーダーが通っていて、「すいません、こちらも
召し上がってください」と言われて、結局牛肉も
マグロも食べて得した気分。いえ、実際に得してるんです
けどね。美味しかった夜。写真は間違って出てきた牛肉。
木曜日の夜って、実は結構浮かれ気分だったりするん
だよねー。

|

« 浴衣の袖のあたりから | トップページ | 静かに流れるラジオの古い歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/11415059

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの意味を忘れぬように:

« 浴衣の袖のあたりから | トップページ | 静かに流れるラジオの古い歌 »