« 息が止まるくらいの甘い口づけをしようよ | トップページ | ダッシュでその先曲がったら »

もし君にひとつだけ強がりを言えるのなら

♪もう恋なんてしない 槇原敬之

6月11日(雨降り土曜日)
本当はお昼から遊ぼうねー、と言っていたのだけれど
起きたら雨で、出かけるのも面倒くさくて、
夜からにしよー、と予定変更で優子とごはん。
でも夕方には雨もあがって、きれいな空が広がっていた。
待ち合わせまでに見た「恋人たちの距離」に、
ちょっと心が柔らかくなる。(DVDボックス買ったのだ。)

夕暮れのなかてくてく歩いて(途中にある焼肉やさんの
前で、ちょっとだけお知り合いのお店の人に見つかって
立ち話。でも前日に焼肉食べたので入らず。ごめんなさい!)
串揚げを食べに。とてもおいしいところなのです。
ご主人は赤ワイン好きで、いつも色々おいしいのを
開けてくれるの。優子がストップしてからも、えんえん
食べ続け、最後には枝豆と小さいビール(いつもすいません)
までサービスしてもらって、そして破格のお値段に目を
丸くする。本当にいつもすいません・・・・。
おいしくてシアワセ。
2次会へと突き進む優子にサヨナラして、わたしは帰宅。
最近は帰りが遅いので、たまにはちゃんと帰ったのでした。
えらいなー。(ってこの歳で言う台詞じゃないか。)

|

« 息が止まるくらいの甘い口づけをしようよ | トップページ | ダッシュでその先曲がったら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/11415052

この記事へのトラックバック一覧です: もし君にひとつだけ強がりを言えるのなら:

« 息が止まるくらいの甘い口づけをしようよ | トップページ | ダッシュでその先曲がったら »