« 泣けない午後に目覚めて | トップページ | 100年先もそばにいたい »

浴衣に着替える時だけ僕を待たせた

♪class of '89 槇原敬之

6月26日(日曜日)
引き続きすごく暑い日曜日。

朝起きて、まずプールに行ってからケーキ教室。
今日はあっこと2人、オレンジのムース。
夏っぽくて涼しげで、おいしかった。
来月からは、かずと2人かぁ・・・。ちょっとさみしいわ。
まるで高校時代のように、だらだらとおしゃべりしながら
30分の道のりを歩いて帰り(日傘をさすようになったのが
大人の証拠かしら。)、疲れたのでお昼寝zzz。

5時半に迎えに来た優子と、今度は夕暮れの道をおでんや
さんまで30分歩く。健康的!
もちろん最初のビールはとってもおいしかったのでした。
「山ねこ」という名前に惹かれて飲んだ焼酎もおいしかった。
お店は混んでいて、ご主人の感じがかなり悪かったので、
早々に切り上げて2軒目へ流れたのでした。
おいしいカクテルを飲んだ日曜日。

|

« 泣けない午後に目覚めて | トップページ | 100年先もそばにいたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/11415079

この記事へのトラックバック一覧です: 浴衣に着替える時だけ僕を待たせた:

« 泣けない午後に目覚めて | トップページ | 100年先もそばにいたい »