« 君が見せる仕草 僕を強くさせるサイン | トップページ | 誰かが落とした麦藁帽子が 波にさらわれて夏が終わる »

間近で見た10号玉 まばたきを忘れた

♪あの夏の花火  Dreams Come True

8月6日(夏の土曜日)
淀川の花火。
毎年3日なのに、どうしてだか今年は土曜日で6日。
数えたら、見るのも今年でもう11回目。
恋人と見たり、友達と見たり、同僚と見たり、毎年毎年
いろんな思い出が、この花火大会とともに在るの。
早々と5時から河川敷に座って、夕暮れの涼しい風のなかで
かき氷を食べて、ビールを飲んで、すごく気持ちのいい夕方。
そのあとの花火は今年もとても綺麗で、ぴかぴかで、
うわぁ、うわぁ、って何度もつぶやく。
帰り道、ちょっと寄り道して飲みに行く。
お土産にはみたらし団子。しあわせな夏の1日でした。
来年もまた見られますように。

恋をすると夏を名残惜しくなるものだろ、と書いていたのは
山田詠美だけれど、恋をしていなくても、思い出が欲しくなる
季節は夏だけなのはどうしてだろう。

|

« 君が見せる仕草 僕を強くさせるサイン | トップページ | 誰かが落とした麦藁帽子が 波にさらわれて夏が終わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/11415148

この記事へのトラックバック一覧です: 間近で見た10号玉 まばたきを忘れた:

« 君が見せる仕草 僕を強くさせるサイン | トップページ | 誰かが落とした麦藁帽子が 波にさらわれて夏が終わる »