« 死ぬまでわくわくしたいわ | トップページ | 君と出会った奇跡がこの胸にあふれてる »

ポケットの中のドアの鍵片手で探せば

♪星空 古内東子
1人の寂しさ なぜかふとしみるけど

9月13日(ひさしぶりにイタリアンな火曜日)
今日も暑かったけど、夕焼けがきれいだった。秋の空。

会社で「お休み下さい」と先生に申請したら「アメリカですか?」。
隣の席の子も「またNYですか?」。
全然意識してるつもりはないんだけど、そんなにもアメリカ好き
(というよりNY好き)オーラを発しているのかしらん。ちょっと照れた。
「いえ、イタリアへ!」と、なんとなく恥ずかしげに答えて
しまったことよ。

ひさしぶりのイタリア語はテストがあったけれど、先生が
隣で答えを教えてくれる。さすが陽気なイタリアン☆
やっぱり楽しかった。10月からもがんばろうかなー。なんて。現金?

そして、帰りの電車でテキストを開いていたら、隣の席のダンディな
おじさんが「Are you studing Itarian?」と聞いてきたことよ。
聞けば神戸に3年住んでるという、とってもリッチな雰囲気の
イタリア人のおじさまでした。
わたしのイタリア語は全く意味をなさない(1年勉強してて
情けない・・・)ので、英語でおしゃべり。素敵なおじさまでした。

帰り際、「もしイタリアで困ったら電話してきて!向こうに
友達いるからヘルプできるよ!」と名刺をくれました。
日本人だったらただのナンパで終わってしまうのに、素直に
サンキュー(せめてグラッチェ!と言えばよかった・・・)と
言えて、しかも嬉しかったのは、外人かぶれの証拠でしょうか?
国際交流のしるしよね、と思いたい。
ふふっ、なんだか楽しかった。

|

« 死ぬまでわくわくしたいわ | トップページ | 君と出会った奇跡がこの胸にあふれてる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/11415211

この記事へのトラックバック一覧です: ポケットの中のドアの鍵片手で探せば:

« 死ぬまでわくわくしたいわ | トップページ | 君と出会った奇跡がこの胸にあふれてる »