« どんな距離も私には一瞬 | トップページ | 幼い微熱を下げられないまま »

悲しいうわさなんて恋にはつきものよ

♪悲しいうわさ 古内東子

1月8日(日曜日)
いいお天気の日曜日、ピースボート主催の世界1周船の旅の
説明会にいくというパパママにくっついて三宮へ。一家総出。
今日はですね、最近流行の「イベリコ豚」をどうしても食べ
たくて、まずは北野のスペイン料理やさんに行ったわけです。
そしたら予想はしていたけれど「ランチタイムにはお出し
出来ません」とのこと。・・・うう。残念・・・。
でもランチはおいしかったのよ。

そのあと説明会に参加して(リタイア後の年配の人か、10代
20代の若い女の人ばっかり)、世界の国々に思いをめぐらせて
そのあとはそごうと大丸を散策。
パパはガウンとズボンと下着と靴(買いすぎじゃあ?)、
かずは靴と帽子、わたしはカーディガンとベレー帽(念願!)
お土産に一貫楼のぶたまんとPAULのパンとユーハイムの
バウムクーヘンを買って、晩ごはんは牡丹園。
やっぱり炒飯がおいしいねぇ、と舌鼓。
そんなこんなで、半日家族でお買い物の1日でした。
何年ぶりかしらね。ふふっ。

うるるんでちょうどイベリコ豚をやっていて、くう!と思って
近くにあるスペイン料理やさんに電話して「イベリコ豚は
ありますか?」と聞いた姉妹でした。今度行くんだから!
あ、もちろんパパママの世界1周は説明会止まりでしたわよ。
わたしもいつか行けたらいいなぁ。

|

« どんな距離も私には一瞬 | トップページ | 幼い微熱を下げられないまま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/11415447

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいうわさなんて恋にはつきものよ:

« どんな距離も私には一瞬 | トップページ | 幼い微熱を下げられないまま »