« 瞳の奥はまだ光るはずだわ | トップページ | ひとりじゃ何ひとつできないのならば »

別に用はないなんて見え透いた嘘は

♪宝物  古内東子

7月7日(七夕の金曜日)

七夕は今年も曇り空。毎年毎年曇り空ね。
織姫と彦星は雲の切れ間を縫って逢瀬を重ねているかしら。

さて、検事まっきーの会第2弾。
嫁持ち子持ちのまっきーは、なんだかドラえもんののび太くんに
似ているんだけれど、その雰囲気が憎めない感じで、なぜかいつも
会が盛り上がるのでした。
「取調べ」とかって聞くと「おっ!ホントに検事だ」なんて
思ってしまうのはなぜでしょう。ふふっ。

というわけで8対6という大人数の飲み会で、収穫があったわけ
(いや、わたしにじゃなくてね)でもないけれど、わいわいと
盛り上がった会なのでした。
焼酎ばっかり飲んでいた金曜日の夜。

七夕のお願い事、夜空にかけ忘れちゃった。

|

« 瞳の奥はまだ光るはずだわ | トップページ | ひとりじゃ何ひとつできないのならば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/11415842

この記事へのトラックバック一覧です: 別に用はないなんて見え透いた嘘は:

« 瞳の奥はまだ光るはずだわ | トップページ | ひとりじゃ何ひとつできないのならば »