« 恋をしていたのは去年の夏の頃さ | トップページ | 昔話に花が咲き »

【ごはん】安参 (京都・祇園)

京都、祇園にある生肉のお店。
有名店らしく、土曜の7時過ぎに行くと2組待ちでしたが、割と回転が早くてそれほど待ちません。2人組はカウンター、3人以上になると奥や2階のお座敷に通されるようです。

ここのウリは生肉。オーダーはおまかせのようで、まず席に着くとメニューが出てくるわけでもなく、勝手に生肉が出てきます。この日はレバーが売り切れとのことで、心とタン。そのあとヘレ(卵がかかっていてユッケみたい)、ミノの湯引き。梅肉かポン酢を選べます。
この生肉が、とってもおいしい。特にタン刺し。脂が乗っていて、やわらかくて、でも確かにタンの食感で、絶品でした。

ここまではコースのように出てきて、この後、焼き物、煮込み、スープを好きなようにオーダーします。初めてで勝手がわからないわたしたちは、オススメの焼き物をお願いして、ロース・タレ(塩とタレが選べる)をいただきました。これがまたおいしい。焼肉って自分で焼くと加減が難しいけれど、ここは焼いてくれるので、やわらかさもジューシーさもちょうど良くて満足でした。とはいえ、焼き物はかなり脂が乗っていて、それほどたくさん食べられないけれど。
ホントはこのあとの煮込みが(テールの煮込みが人気だったみたい。もしくはテールスープ!おいしそう!)とってもおいしそうだったのだけれど、お昼が遅かったせいでお腹いっぱいでここでギブアップ。残念。

飲み物は、ビール・日本酒・焼酎・赤ワインとありますが、ビールはモルツの大瓶のみ、日本酒・焼酎も各数種ずつと種類は少なめ。ワインはたくさんあったのかも?ボトルだけじゃなくハーフもあるようでした。わたしたちは、ビールと冷酒をいただきました。

このお店の特筆すべきはその雰囲気。すごく活気があって、カウンターのなかで働く職人さん、女将さんもとても気さく。常連さんも多いみたいで、お客さんとの会話も楽しげでした。ただ、その分初めてだと少し気後れしてしまう面もあり(食べ方も、説明も何も無いので面食らう)、通いなれると居心地がよくなるお店かな。
このお値段だと、同じくらいおいしいお肉やさんは他にもあるけれど、この雰囲気が好きだから、と通う人も多いんだと思われます。料金は、1人1万円前後、とHPに書いてあるので、大体みんなそれくらいなのかな?わたしたちは煮込みはパス、お酒もあまり飲まなかったので2人で16000円でした。そうそう行けるお値段ではないけれど、せっかく京都に来たし祇園でも、という意味ではオススメかも。
お店の入り口にはビートたけしの写真が飾ってあったわ。

お店のサイト:安参

|

« 恋をしていたのは去年の夏の頃さ | トップページ | 昔話に花が咲き »

コメント

生肉好きな私にはめっちゃそそられるお店だわ(≧∀≦*)!

2人で16000円かぁ~
祇園だし、お肉だしもっとするかと思った!
けど、気軽に行けるお値段じゃないわね><
「お食事」といえば毎回そんなお店に行けるぐらいリッチになりたいなぁ。いつか★

てか、直ちゃんいろいろ行きすぎー。
直ちゃんの日記読むと曜日の感覚失う。
あれ?!今日平日だよなぁ・・みたいな。笑

投稿: とも@ | 2006年8月28日 (月) 12:35

やー!とも@ちゃん、生肉好きならたまらないお店かも♪
活気ある店内も◎でしたわよ。オススメ!
ただ、メニューがないということは、一見さんにはお値段もわからないわけで、お会計のときはちょっとドキドキしてたのも真実。うんうん、これくらいサラリと払えるような生活って、夢のようね。いつかそうなりたいよねぇ。

あはは、そう?最近はわりとおとなしくしている・・・つもりなんだけどな~。前ほど飲み歩き食べ歩きしてないぞー。
わたしは逆に、とも@ちゃんの「朝まで飲み」(最近聞かないけど)に、すごいなぁ、と感心しきりだったよん。
おたがいさま?

投稿: 直子@管理人 | 2006年8月28日 (月) 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/11629929

この記事へのトラックバック一覧です: 【ごはん】安参 (京都・祇園):

« 恋をしていたのは去年の夏の頃さ | トップページ | 昔話に花が咲き »