« 【映画】トリスタンとイゾルデ | トップページ | ポケットの中のドアの鍵片手で探れば »

【ライブ】第3回世界遺産劇場 Toko Furuuchi PIANO STORY (古内東子)

第3回世界遺産劇場 Toko Furuuchi PIANO STORY
下鴨神社 境内 2006.10.28 18:15開場/19:00開演 13列15番

10月28日(土曜日)

京都、下鴨神社で行われた古内東子さんのライブに行ってきました。

061028 世界遺産劇場とは、“日本各地の世界遺産を舞台に劇場空間を設定し、伝統芸術をはじめ、時代を越えて創造的な舞台芸術活動を展開するわが国のトップアーティストらの協力のもと、その地域の風土にちなんだパフォーミング・アーツの上演を展開していく、世界遺産の認知とわが国の民間ユネスコ運動のさらなる普及と啓発を目的としたアートプロジェクト”とのこと。(ホームページより。→世界遺産劇場
この主旨に照らし合わせると、昨日のライブが「地域の風土にちなんだパフォーミング」であったかどうかは多少?ではありますが、京都の夜の澄んだ空気の中に浮かび上がる朱色鮮やかな楼門(写真は公式サイトにアリ→下鴨神社 >main >社殿 >本宮社殿 >楼門 で見られます)をバックに聞く東子ちゃんの曲は、まさに心に染み通るものでした。

さて、開演は19時。ほぼ定刻通りにスタート。今回はギターとベースとピアノというバンド構成。こういう組み合わせで見るのは初めてで、ライブでの定番曲もアレンジがかなり変わっていたので、どの曲も新鮮に聴けました。

舞台に登場した東子ちゃん。黒の膝丈ワンピース、右半身はラメやスパンコールがたくさん付いていてキラキラしてた。袖の部分は編み込みというか(ちょうどフィギアスケートの衣装みたいな感じ)、模様編みになってるの。そして、京都を意識されたのでしょう、赤い帯をあしらったベルトをしてました。幅は着物の帯とおなじくらいで、ラメがちらしてあってかわいかった。足下がまたおしゃれで、前面がパープル、後ろ側はグリーンのバックスキンのブーツ。すごくかわいかった!
アクセは、大ぶりのネックレスと、ピアス(見えなかったけど光ってたから小ぶりのものかな?)でした。相変わらずすてきな衣装。

さて、セットリストを。
1.教えてよ
2.返事 (MC)
3.BYE
4.月明かり
5.Sandalwood
6.シャワールーム (MC)
7.朝
8.Peach Melba
9.そばにいて (MC)
10.誰より好きなのに
11.Pale Moon
12.いつもどおり (MC)
13.Beautiful Days (MC)
14.逢いたいから
E1.歩き続けよう (MC)
E2.星空

ちょっとちょっとすごいでしょー!全16曲、新旧織り交ぜて、「BYE」なんてレアな曲を披露してくれちゃったり、「返事」「Sandalwood」「そばにいて」「朝」「教えてよ」も、今まであんまり聞いた記憶がなかったので、すごく濃いライブでした。個人的には「返事」「月明かり」「星空」「Peach Melba」がよかったな。あいにく京都は曇り空で、月明かりも星明かりも皆無だったけれど、屋外で聞く「月明かり」「星空」はね、なんだか感無量だったよ。
東京のピアノライブ、うらやましく思ってたけど、今回の京都で、なんかちょっと優越感よ。ふふふ。(性悪~!)

7~9曲目は、ピアノから離れて、ギターとベースの演奏に合わせてボーカルだけの東子ちゃんだったのだけれど、どれもボッサ+ジャジーなアレンジで、すごく気持ちよかったの。すご~く贅沢なアレンジだった!
ピアノ弾き語りとも、バンドを連れたツアーとも違う、今日の屋外ライブだけの(多分?)アレンジで、かなり得した気分になりました♪
ホントは「Peach Melba」あたり、東子ちゃん側は、もっと盛り上がる予定だったんじゃないのかな?手拍子したくなったんだけど、なんとなく周りの雰囲気見てしまって、できなかったのよね。

屋外のライブなので、音が抜けていってしまって、決してライブハウスで聞くほど音響が良くなかったのだけれど、それをカバーしても余りあるシチュエーションとラインナップ。感無量、感激の1時間半だったなぁ。しあわせ。

MCは、緊張していた感じではあったけれど、いつもの東子ちゃん節炸裂だったよ。
「京都は高校の修学旅行からウン万年ぶり」「わたしの歌はしあわせな歌はあまりないけど、神社で歌うなんて御利益ありそうだからブラマイゼロ」「みなさんしっかり防寒されていると思いますが、風邪には気をつけて。わたしはカイロ貼ってるから大丈夫」などなど。
「beautiful days」を歌う前に、「そろそろ終わりが近づいてきました。なんか一体感ないまま終わりですが」と言って、爆笑を誘っていた東子ちゃん。「あまり幸せな歌がない中で、この歌は前向きな曲なので、みなさん是非手拍子を」なんてことを言って、自ら手拍子誘ってました。そういうあたり、とてもかわいらしい人ですよね、ホント。盛り上がりました。
全体的には、MCは少なめだったかな。BJWとかブルーノートでのライブの時ほど、ダラダラ感(そこが彼女のMCの魅力よね)がなかった気がするのはやはり、このライブのコンセプトを考えてのことだったのかしら。
アンコールでは、「もう一曲だけあった!幸せな歌!」と言って「歩き続けよう」を披露してくれた後、「今日はあいにく星空は見えないけれど、わたしが星になります」と言って、「星空」を歌ってくれました。この時の照明がものすごく美しかったのね。ピアノなしでギターだけが奏でるイントロと、バックライトを浴びて暗闇に浮かび上がる東子ちゃんのシルエット、ファンには涙モノでした。ホント。
隣に座っていた男性、「歩き続けよう」で大きな拍手、「星空」が流れたときは「うわぁ」って小さく感嘆の声をあげておられて、わたしも同じ気持ちだったので嬉しくなってしまったよ。

紅葉にはまだ少し早い京都ではあったけれど、秋の、ひんやりした空気の中で聞く東子ちゃんのメロディは、切なさ150%増し、みたいな感じで、ライブハウスとはまったく違う雰囲気でした。みんな聞き入っていたもの。

次はニューアルバムかな?楽しみです。東子ちゃん、素敵なライブをありがとう。

|

« 【映画】トリスタンとイゾルデ | トップページ | ポケットの中のドアの鍵片手で探れば »

コメント

初めまして。直子さんの表現がなんだかとても好きでずーっとROMしてました。(ちなみにケンジさんのとこのHPで直子さんのHPを知りました。)

行きたかったです、下鴨神社。めちゃくちゃ。これから先にまたあればいいけれど。私の住んでるところがちょっと遠い(香川です)&こどもが小さい(9ヶ月です)ので今回は断念したんですけどね。

しかしほんとレアな選曲。聞きたかったー。

また来ますね。

投稿: だまくま | 2006年10月29日 (日) 21:42

いいなあーーーー。
その構成とセットリスト。行きたいなって思っていたけど、
やっぱり行けばよかったかも。。。
ピアノのみだと思っていたけど、違ったのね。
そして「BYE」は以外!BJWでも聞いたことあったっけなあ?(自信ない)
先週のBJWとかぶるかと思って何も言っていなかったけど、
いやいや、とんでもない。
いいなあーーー。のひと言でした。
しかも東子ちゃんにありえない、野外ですもん。
行った価値はあったことでしょう。
星空が見えるところでの「星空」は一度聞いて見たかった!!

投稿: hika | 2006年10月29日 (日) 23:00

>だまくまさん

初めまして!hourglassへようこそ!
すっごい嬉しいお言葉、ありがとうございます。ホント嬉しいー。こんな、メモのような日記なのに励みになります!リンクしてくださったケンジさんにも感謝♪

下鴨神社、よかったです。しっとりと夜の気配に逆らわないライブ、っていう感じで。なんだかひとり盛り上がっててスミマセン。
香川からだと日帰りはちょっと難しそうですものね。「第3回」というくらいなのできっと「第4回」も開催されるでしょうし、東子ちゃんも出演してくださるといいですよね~。もう少し大きくなったお子様と、秋の京都観光を兼ねて参加、なんて日が早く来るといいですね!

ハイ、是非またおこしください。東子ちゃんについて(もちろんそれ以外でも!)語りたくなったらいつでもウェルカム♪です。お待ちしてます。ふふっ。

投稿: 直子@管理人 | 2006年10月29日 (日) 23:44

>hikaさん

勝ったぜー!とか言ってみる。
いーっつも、hikaさんに「いいなぁ」って言ってたから、逆に言われるとなんか新鮮な気までしてくるわよ。

BJWはピアノだけだものね!ギターとベースが入るだけで全然違って、演奏に厚みが出来てたよ。「星空」のイントロ、泣きそうだったもん。「月明かり」もね、hikaさん聞いたら感激だろうな、って思ってたの。曲目はそんなにかぶってなかったのかな?「BYE」はホント意外だったでしょ?最大サプライズかも!って、自慢大会になってしまった。ごめんー。

東子ちゃん自身「野外はほぼ初めて」って言ってたよ。大丈夫かな、と思ってたけど、雰囲気にマッチしていてかなりいい空気になってたわ。もし来年もあったら、今度はhikaさんも遠征してきて~。大丈夫、hikaさん遠征慣れしてるから☆(そういう問題ではない・・・?)その時は一緒にお酒を飲みましょう!(決してそのために呼んでるんじゃないからね~)

投稿: 直子@管理人 | 2006年10月29日 (日) 23:57

直子さんこんばんはー^^

すごい!!羨ましすぎますこの選曲!!♪いつもそうですが、直子さんの日記の上手さに引き込まれました^^途中鳥肌が立ったほど!(←ほんとにほんとです~)
行きたかったですものすごく!!

素敵な時間を過ごされて良かったですね!今度は、、って旅立つ前に東子さんが関西に来てくれるかわかりませんが、絶対行きたいですー!!

投稿: ひーちゃん | 2006年10月30日 (月) 03:32

ひーちゃんさん、こんばんは!
でしょでしょ、この選曲はちょっと涙モノでした。きっと、会場にいた人みんなそう思ってることでしょうね。

ひゃ~、嬉しいお言葉、ありがとうございます。うれしい。照れちゃいますね☆つらつらと書きすぎかなぁ、まとまりないなぁ、っていつも思っているので、そうおっしゃってもらえたらホント嬉しいです。ちょっとでも雰囲気伝わったかな?

次のライブ、春までにあるといいですよね♪祈っておきます!
新曲→イベント、なんてのがありそうな気もしますが、どうかな~?

投稿: 直子@管理人 | 2006年10月30日 (月) 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/12474056

この記事へのトラックバック一覧です: 【ライブ】第3回世界遺産劇場 Toko Furuuchi PIANO STORY (古内東子):

« 【映画】トリスタンとイゾルデ | トップページ | ポケットの中のドアの鍵片手で探れば »