« 小さく流れるラジオの古い歌 | トップページ | あの日地下鉄の改札で »

【映画】もしも昨日が選べたら(ネタバレあり)

もしも昨日が選べたら (2006アメリカ)★★★☆
click (2006.10.4 OS劇場 レディースデー1000円)

マンハッタンの建築事務所に勤めるマイケル(アダム・サンドラー)。仕事での昇進と、家族サービスの両立に限界を覚えた彼は、ある日、時間を早送りできる万能リモコンを手に入れ・・・。

アメリカでの人気にかかわらず、日本ではさっぱり受けないアダム・サンドラー。わたしも、いかにもアメリカな彼の映画は特に好きではないものの、心温まる素朴なお話が多いのも事実。今作もあまりに単純な話とは言え、後半は涙でした。なかなか良かったよ!

仕事優先なマイケルに不満がちな妻(ケイト・ベッキンセール)と2人の子供たち。
彼らへのサービスの時間を早送りしているうちに、マイケルは大切なものを失ってしまう。早送りしている時間を代理して過ごすコピーのマイケルは、必要最低限の受け答えをするだけで、その間の記憶は本物のマイケルには残らないわけ。思い出がないまま時間だけが過ぎていくうちに、気付いた時には、家族の心は離れてしまっているのです。
それに気付いてからのマイケルが切なくてねぇ・・・。家族の話ってどうしてこうも涙を誘うのでしょう。まぁ奇をてらわない脚本の良さもあるんだろうけど、しょうもないアクション映画よりは全然楽しめました。とはいえ、いかにもアメリカンなお話で、アメリカンジョーク満載。日本人とは笑いのツボが違うから微妙なところもありました。笑えない・・・・。

退屈な時間を早送りできたら、とは誰でも1度は思うことだろうけど、もしそれが可能になったとしても、その早送りした時間を覚えていることも、やり直すことはできないのだよね。だったら、そんな機能はない方がいいよね、やっぱり。なんてことを思いながら、温かくてなんだかいい気持ちで家路についたのでした。面白かった。

彼にリモコンを売るのがクリストファー・ウォーケン。この人・・・・・。最近なんだか変な役ばっかりじゃない?「ステップフォード・ワイフ」も大概だったし・・・・。もしかしてこういう役が好きなのかしらね!子供たちもそれぞれかわいかった。ただ、ケイト・ベッキンセールにコメディの才能はないねぇ!かわいかったけど。
NYの夜景が結構出てきて嬉しかった。

|

« 小さく流れるラジオの古い歌 | トップページ | あの日地下鉄の改札で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/12158516

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】もしも昨日が選べたら(ネタバレあり):

« 小さく流れるラジオの古い歌 | トップページ | あの日地下鉄の改札で »