« 今日は雨の日でもいつの日にか | トップページ | ひとりきりの夜ならば今すぐ会いに行くよ »

【映画】スパイダーマン3

スパイダーマン3 (2007 アメリカ)★★★★
SPIDER-MAN 3 (2007.5.12 OSシネマズミント神戸)

やー、面白かった!前2作に比べると、出来はあんまりな気がしますが、でも面白さは満載だったよ!

おすすめ~。以下ネタバレがあるのでこちらへどうぞ。↓

今回も、主役のピーター(トビー・マクガイア。1児の父となった彼に、大学生役はそろそろきついのでは・・・?でも好きだけど)と幼馴染MJ(キルスティン・ダンスト。誰が何と言おうと、わたしはかわいいと思うぞ)の恋愛模様をはさみながら、敵と戦うスパイダーマンを描いているところは変わらず。

しかし、今回は敵が3匹。親友ハリー扮するゴブリンと、ピーターの叔父を殺したマルコ=サンドマン、ピーターの記者ライバル、エディ=ヴェノム。

さすがに多すぎるよね。盛りだくさん過ぎ。最後にはちゃんと収まっていたけど、個々の途中がちょっと中途半端だったかなぁ。大体、スパイダーマンに勝てないゴブリンが、なんでサンドマンとヴェノム相手にそんな活躍できるんだよ!とかね。まぁツッコミ箇所には他にも事欠かなかったけどさ。

特筆すべきは、ダークサイド(って違う映画だわね)に落ちたピーターのダサダサぶり。妙な前髪に、キザったらしい態度、バーでのダンスなんて目を覆いたくなる感じ。しかしそれが笑えたんだけど。

あとは、ハリー。おいしいところ全部持って行っちゃいました。
もともとジェームズ・フランコはとっても好みな顔なので、こんなお金持ちで、物腰柔らかで、甘いマスクの男に言い寄られたら、わたしなら絶対ピーターよりハリー、と思ってしまう・・・・・。なので、後半は、ああ!ハリーの顔が!と驚愕だったうえに、まさか死んでしまうとは。ホント、おいしいとこ持って行き過ぎです。

物語は、ピーターの内面を描いている部分が大きいのだけれど、今作で成長して、一歩たくましくなったかな。ただ、あまり深く描かれてはなくて、ちょっと薄っぺらでした。まぁ、娯楽大作として見るには十分楽しいので◎。戦いっぷりも相変わらず豪快に派手で満足。

続きが楽しみです。降板がささやかれるキルスティンの代役はマンディ・ムーアだとか。う~ん。あの薄幸そうだけどコケティッシュな感じなキルスティンの雰囲気、マンディで出せるかな、大丈夫かな。

そうそう、余談ですが、NY帰りの身には、映し出されるNYの街にもわくわくさせられる映画でした。セントラル・パークの橋も出てきたよ!"Meet at the bridge of the park." なんて言ってるから、どこの公園のどこの橋よ?もしや・・・・、なんて思ったら、やっぱりセントラルパークのボウ・ブリッジでした。そうか、ニューヨーカーにとって、「公園の橋」(字幕もこうなってた)とはこの橋を指すんだな、となんだか嬉しくなってしまった場面だったわ。

オススメ。

|

« 今日は雨の日でもいつの日にか | トップページ | ひとりきりの夜ならば今すぐ会いに行くよ »

コメント

draco beon merloro vinos

it http://ahqj5ry.info/sitemap1.html Mrs look http://sqpbhwm.info/sitemap2.html to accustomed http://sy2onpj.info/sitemap1.html accustomed

投稿: juisonsoozy | 2007年10月20日 (土) 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186409/15056739

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】スパイダーマン3:

» 「スパイダーマン3」なんとか着地成功、あの軽やかな跳躍を見よ! [soramove]
「スパイダーマン3」★★★☆ トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト主演 サム・ライミ 監督、2007年、アメリカ 本作がシリーズラストだからか、 タイトルバックにこれまでの印象的なシーンが 散りばめられる 始まるぞ!という期待が高まる。 ビルの...... [続きを読む]

受信: 2007年5月25日 (金) 16:30

» スパイダーマン3 [映画・DVD・映画館レビュー]
今回の紹介映画は、現在劇場で公開中のサム・ライミ監督のスパイダーマンシリーズの第三弾です。 スパイダーマン3 観に行ってきました、スパイダーマン3 やはりVFXに物凄いお金が掛かっている映画だけあって映像は非常に素晴らしかったですね。 特にサンドマンやヴェノムの誕生シーンやスパイダーマンと敵の戦闘シーンは圧倒的な迫力でした、ただ映画として評価をするとストーリー的には要らないんじゃないかと思うシーンの多い映画でした。 この映画の見所は、上にも書いたようにスパイダーマンと数々... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 15:36

« 今日は雨の日でもいつの日にか | トップページ | ひとりきりの夜ならば今すぐ会いに行くよ »