« いつの日もこの胸に流れてるメロディ | トップページ | ねぇだから今日は散歩に行こう »

嘘つきと呼ばれていいから

♪群青 スピッツ

7月18日(水曜日)

0707187月も下旬に差し掛かろうというのに、毎日涼しい。夏はやっぱり暑くなきゃ!

季節はずれのチューリップは、NY、ブルックリン植物園で。色とりどりのチューリップ。色の組み合わせに外国を感じたりした時間だったよ。

さて、水曜日のレディースデーには「ファウンテン」。
ヒュー・ジャックマンとレイチェル・ワイズなので、これは見るぞ!とストーリーも調べずに行ったのだけど・・・・3分の1くらい寝てしまったことよ。とほほ。

う~ん、愛とか死、命、がテーマなんだけど、内向的というか宗教的というか、かなり心理的な映画でした。わたしには高尚だったのかも。残念。

今週はあと2日。がんばるー。

|

« いつの日もこの胸に流れてるメロディ | トップページ | ねぇだから今日は散歩に行こう »

コメント

「ファウンテン」ご覧になったのですね。予告編では見ていたのですが、そうですか高尚でしたか。永遠の愛と不死はイコールではないとか・・・

愛といえば、私は先日「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を見てきましたが、ブログでも書きましたがこれまた難しい愛でした。でも映画としては面白かったですよ。

投稿: かわせみ | 2007年7月21日 (土) 00:44

>かわせみさん

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」。
サトエリちゃんですね。評判は聞いていましたが、ノーチェックでした。タイトルからして難しそうな愛です・・・。
「ファウンテン」は、ビジュアルはとっても美しかったんですが。。
かわせみさんがおっしゃるように、永久の愛=不死と信じる夫と、自らの死を悟った妻の愛を描いた物語・・・・だった(と思う)んですが、ちょっと難しかったです。

投稿: 直子@管理人 | 2007年7月22日 (日) 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつの日もこの胸に流れてるメロディ | トップページ | ねぇだから今日は散歩に行こう »