« 【映画】ハリウッドランド | トップページ | あれからずっと強くなったのよ »

ボルベール<帰郷>

ボルベール<帰郷> (2006スペイン) ★★★★
(2007.8.1 ナビオTOHOプレックス)

夫と娘パウラ、家族3人で暮らすライモンダ(ペネロペ・クルス。生活感溢れてるのに、ものすご~く生き生きしていて素敵)。ある日、襲ってきた父親をパウラが刺殺してしまう。死体を隠したライモンダに、故郷ラ・マンチャから叔母の死の知らせが入り・・・・。

女性の映画です。登場人物はほぼ女。ライモンダ、パウラ、ライモンダの姉ソール、母イレーネ、叔母パウラ、友人アグスティーナ。皆、それぞれ素敵。それぞれが個性をちゃんと主張して、でも一堂に介しても決してばらばらじゃなく、ひとつの共通するオーラを共有している感じ。

冒頭、母のお墓参りのシーンからして圧巻。たくさんの女たちが、強風の中墓掃除をしているの。それだけでなんだか「女って強いな」と思わされてしまう。アルモバル監督ってすごい。

物語は多少謎解き風にはなっていますが、すぐにわかるしそこは問題じゃない。すごく重い人生なのに、それでも力強く、真摯に生きてきた女性たちの姿に感動してしまうの。ペネロペがアグスティーナに向かって「みんなそれぞれ問題を抱えて必死で生きているのに、あなたの問題に巻き込まないで」と言うものがあって、こんな台詞、ホントに必死に生きていないと言えないな、と舌を巻いた。それをさらりと言ってしまうなんて。

ペネロペは生き生きと演技をしていて、自然体。
彼女は、欧州の映画に出ているほうが圧倒的に輝いてるね。ホームグラウンドで勝負してる感じがする。キュートかつ妖艶。谷間バッチリ、お尻もプリプリ、それを見事に強調するお洋服でセクシーさ満開だな、さすがだな、と思って見ていたら、お尻は「つけ尻」だったと後日判明。そうなのね!

衣装もよかったです。登場人物たちそれぞれの個性にマッチしてた。日本人が組み合わせたら「何それ?」な、色の洪水のコーディネートも、なぜか違和感なく着こなしていて素敵。

あと、スペイン語とイタリア語って似ているので、あ!今の単語分かる!なんて時は嬉しかったな。

とにかくこれは!オススメですよ。特に女性ね。

|

« 【映画】ハリウッドランド | トップページ | あれからずっと強くなったのよ »

コメント

題名は忘れてしまいましたが、倍賞美津子さんとか室井滋さんとかが出演していた、似たような映画が日本でもあったような気がします。それぞれの女性がそれぞれの問題を抱えているのだけれど・・・

投稿: かわせみ | 2007年8月 9日 (木) 22:46

>かわせみさん

「OUT」でしょうか~?西田尚美さんが夫を殺してしまうんじゃなかったっけ?(と書きつつ未見です)原作が桐野さんなんですよね?
女の人が強く描かれている作品って好きです!

投稿: 直子@管理人 | 2007年8月 9日 (木) 23:34

そうそう「OUT」です! 題名を思い出しました。

私はこの映画は見たのですが、女の人の強さというか凄さを感じましたね。

投稿: かわせみ | 2007年8月10日 (金) 22:59

>かわせみさん

女の人の凄さ。
わかる気がします。

投稿: 直子@管理人 | 2007年8月13日 (月) 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【映画】ハリウッドランド | トップページ | あれからずっと強くなったのよ »