« あなたとひとつひとつ思い出作りたいけれど | トップページ | The Spaniard played nearly flawlessly. »

いつか僕が 4年の日々が 輝き出すまで

♪CLASS OF 89 槇原敬之
僕の知らない誰かに内緒でどうか見てて下さい

槇原くんの歌のマイNo.1は、中学生の頃からずっとこの曲です。夏の到来と共に思い出し、夏の終わりと共にまた思い出す。

9月2日(日曜日)

そして9月とは言えまだまだ暑い日曜日。
まずはプール、泳ぎます。どれだけ泳いでも二の腕のたるみは消えませんがね。いいのですよ、自己満足だから。ふふっ。

070902 そして、汗をかきかき30分の道のりを歩いてケーキ教室。このあいだのアイスクリーム、あれはさすがにやりすぎだったと先生も認めたのかどうか、とにかく今日はきちんと焼き物。リンゴとパイナップルのパータフィロ包み。おいしかった。

その後はあっことかずと3人でビストロランチ。
1年ぶりくらいに訪れたお店は相変わらず賑わっていて、白ワインで乾杯後、それぞれがオーダーしたキッシュや海老のサラダや豚肉に舌鼓。ここはフランス人オーナー&フランス人シェフのいる、正確には「ビストロケ」という形態の気持ちのいいお店です。ほの暗い店内に、大きなウィンドウ越しに明るい日差しが降り注ぐ、そして外には緑が揺れている、まるでフランスにいる気分になるような、そんなお店。時間がゆったり流れているの。
休日ランチはすべての女性の特権よね!なーんて思っちゃう。家族連れももちろんたくさんいたのだけれども。
www.aulimo.com/

帰りは図書館に寄り道して、掃除やらを済ませて、ちらりドライブなどもして、夜は雑誌読んだりネットしてたりテニスを見たり。マリアさん敗退ですかー。そうですか。「あんな派手な服着てるからやん」by ホッピィさん。いや、それは何か違う気が・・・・。それよりもナダルくんが気になりますがタイムオーバーで眠りにつく。

0709022 ドライブ先はこちら。来週のチケットを手に入れました!
外野の壁はまだ本物のツタだったよ。

|

« あなたとひとつひとつ思い出作りたいけれど | トップページ | The Spaniard played nearly flawlessly. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あなたとひとつひとつ思い出作りたいけれど | トップページ | The Spaniard played nearly flawlessly. »