« 隠したナイフが似合わない僕を | トップページ | 芦屋野鳥の会 »

月の光と夜の間と宙を舞う夜光虫へと

♪Salyu

2008年1月7日(月曜日)

「おめでとうございます!新年初仕事ですね!」なんて言う、偶然出会ったらしい人たちの電車内の挨拶を聞きながら(こっちは4日から働いてるんだよ!)出勤です。雨の月曜日。

新しい人は、とっても礼儀の正しいかわいらしい女の子でした。明日からもよろしくね。
それにしても、一日中しゃべってると(仕事教えてるから)のどが渇くねぇ。

080107 帰りの電車では、昔の彼に遭遇。1年以上ぶりかなぁ。噂どおり長髪になっていて、第一印象「何か変」でした。ふふっ。老けたなぁ、って。向こうもそう思っていたかな?そうだったら悔しいな。

ニューヨークの夜景。この景色を見るためだけにでも、また行きたいと思う。

そろそろ新聞やニュースが、震災から○年、と騒ぎ出す時期。13年かな?
高校生だったわたしも三十路です、厄年です。いろんなことを経験して感じてきた13年。かなりいろんなことが忘却の彼方だけれど、覚えていることもまだまだたくさんあるんだよ。

忘れてゆくもの、捨ててゆくもの、私が信じたもの (from JAM)

|

« 隠したナイフが似合わない僕を | トップページ | 芦屋野鳥の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隠したナイフが似合わない僕を | トップページ | 芦屋野鳥の会 »