« Happy birthday -☆ | トップページ | 明太子ピラフナイト »

Here's looking at you, kid.

君の瞳に乾杯!(カサブランカより)

2008年3月3日(月曜日)

おひな祭り。当然のごとく、晩ごはんはちらし寿司。
我が家は姉妹なので、立派な7段のひな人形たちがあるのだけれど、もう何年も出してないな。元気かな。無精でスミマセン。。

仕事は普通、家に帰って衛星でやっていた「カサブランカ」を見る。DVDも持っているのに、ナゼかテレビでやっていると見てしまうんだよね~。素敵。

確か新聞のコラムか何か(お酒に関するコラムだった)で、「カサブランカのなかで、人種を聞かれて“酒飲みだ”と答えるシーンがあって粋である」と書いてあって、その時はそんなシーンあったかな?と思い出せなかったのだけれど、今回はピンと来た。なるほど粋だ。かっこいいねぇ。

"What's you nationarily?"
"I am drunker."

大戦下、フランスやドイツの軍人が顔を合わせたバーでの台詞で、それぞれが「アメリカ人のおまえは何処の味方なんだよ、え?」みたいな雰囲気が流れる場で、こうもサラリと言われたらもう、参りました、だよね。 しびれます。くう~。

しかしイングリット・バーグマンは美しいね。

|

« Happy birthday -☆ | トップページ | 明太子ピラフナイト »

コメント

モノクロのころって、やはり肌が綺麗に見えるので好きですー。
撮影時のスナップなどを見ると、かなりの厚化粧だったり、肌のアラが目立ったりと…
でもバーグマンは、おそらく実際にも肌が綺麗な人ですよね!
唇の質感や、年齢を重ねた時のシワの出方からそう感じます。
バーのシーンでのキラキラした目が本当に素敵です!

投稿: らっきょ | 2008年3月 6日 (木) 20:10

>らっきょさん

こんにちは!
そうですよね、モノクロって、お肌は美しく、目は輝いて、「いかにも女優」オーラが漂っているのですよね。わたしも好きです。
バーグマンは確か北欧の人だったかと思うので、きっと陶器のようなお肌をしていたのでしょうね。うらやましい。
しかしらっきょさん、唇の質感や、シワの出方で分析なさるなんて、ツワモノです!

投稿: 直子@管理人 | 2008年3月 7日 (金) 12:15

スウェーデンでしたっけ(?_?)
実際は監督のイングマール・ベルイマンと同じように、イングリッド・ベルイマンというとかいわないとか…

投稿: らっきょ | 2008年3月 7日 (金) 19:49

>らっきょさん

そうそう!今調べたらスウェーデンでした!バーグマンって英語読みなのですね、きっと。
それにしても同じ表記なのに、日本語での呼び方も違うなんておもしろい。
ベルイマン監督作品って見たことないんですよ。去年「サラバンド」見ようと思って結局行けなかった・・・。

投稿: 直子@管理人 | 2008年3月 7日 (金) 23:02

昔の映画といえば、私は西部劇が好きなのです。
親父が好きだったので、横で見ていたのが根底にあるのでしょう。

投稿: かわせみ | 2008年3月 8日 (土) 16:28

>かわせみさん

西部劇ですか!うちの父もいつも見てましたねぇ。「シェーン」なんて何回見ていたことか・・・・。
そして私も横で見た覚えはあるのですが、あまり記憶にないです・・・。やはり西部劇は男性のものですね。

投稿: 直子@管理人 | 2008年3月 9日 (日) 16:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Happy birthday -☆ | トップページ | 明太子ピラフナイト »