« 春の息吹 | トップページ | ありのままの自分を受け入れるということ »

決まって彼女が去った後は同じ香りがしてた

♪ピーチメルバ 古内東子

2008年3月11日(火曜日)

昨日とは打って変わって今日は残業。しかし明日は有休なのであった。有休取って何するかというと、映画に行くのであった。贅沢!

「59億円所得隠し」ニュースに、家族全員釘付けに。「あんなにあったら、一束なくなっても絶対気付かないよね」・・・ってみんな同じこと考えたに違いない。

080311今日もいいお天気で、夜の風も春のにおい。春夏っ子なので、なんかもう浮かれちゃうわけ。単純ね。

3月に思い出すのは、卒業式とか、新学期を待つ春休みのわくわくした気持ちとか、そういうこと。

土曜日の阪急電車で、ちょうど親和や南女の子の下校時間と重なって、ふだん女子高校生の集団を見ることがないので新鮮だった。
他愛ないことを話しているんだけど、彼女たちのきゃらきゃら笑う声や幼い笑顔がなんだか優しくて、ピンク色で(わたしは親父か)、こういう風に大人な目線で見てしまうくらいに、ずいぶん遠いところにきてしまったなぁ、と感慨深かった。
寂しい気持ちじゃなくて、懐かしい気持ちになったよ。青春は二度と戻らない、ってホントだね。輝ける日日。

宇宙旅行も普通のことになってきたね。

|

« 春の息吹 | トップページ | ありのままの自分を受け入れるということ »

コメント

>青春は二度と戻らない、ってホントだね。輝ける日日

大丈夫、これからも光りますよ! いぶし銀の世界です。

投稿: かわせみ | 2008年3月12日 (水) 00:44

>かわせみさん

いぶし銀ですか!なんかかっこいい!

自分自身の考え方次第で、人生っていか様にも変わっていくんですよね~。まだまだ光りますよ!

投稿: 直子@管理人 | 2008年3月13日 (木) 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の息吹 | トップページ | ありのままの自分を受け入れるということ »