« くらだないジョークだって忘れられない歌のように | トップページ | 誘い涙の日が落ちる »

【タヒチ】ホテルボラボラ滞在記 Day 1

【タヒチ】1日目 2008年6月21日(土曜日)

4:30 起床
6:15 伊丹空港行きバス
7:20 チェックイン
8:20 JAL3002便にて成田へ
9:20 成田着
11:30 TN 0077便(エアタヒチヌイ)にてタヒチ島パペーテへ
4:30 パペーテ着
6:30 エアタヒチ416便にてボラボラ島へ
7:20 ボラボラ島着。ホテルのボートにてホテルボラボラへ
     プールファレへチェックイン後お昼寝
13:00 ビーチへ
17:30 ビーチでママ・ショーを鑑賞
19:00 夕食
23:00 就寝

え~、やっとやっとの旅行記です。がんばって書くのだ。

結婚式から1週間、さぁとうとう!憧れのタヒチへ出発!です!!

日本からタヒチへは、成田からが週2便、関空が1便。仕事の都合で土曜発しか選べなった私たちですが、土曜発は成田なので、早起きして伊丹~成田~タヒチ島~ボラボラ島という経路。辛かったー。家を出てから現地ホテルまで、なんと20時間。・・・・さすがにこたえました。うん。

とは言え、成田を離陸するまでは意気揚揚。伊丹ではベーグルの朝ごはんを食べ、成田では化粧品を買いあさって、いざ出発。初めて乗るエアタヒチヌイは、乗り込む時にティアレのお花をくれました。機内はまっさおで、カップルばっかり。なんだかタヒチムード高まっちゃうわね。
12_2

機内は空いていたので楽。シートには個別スクリーンがあって、映画も日本語のものが4・5本あったかな。

34_2

ただし食事は×。申し訳ないけれど、こんなに美味しくない機内食は初めてだったよ・・・・。はっきり言って、不味いです。うう・・・・。

そんな感じ(?)の11時間のフライトを経て、パペーテ着は4:30。まだ暗い中、レイをかけてもらってちょっとだけ気分も高揚するものの、でもやっぱり疲れた、と2時間の乗継タイムはかなり苦痛だったなー。空港のロビーで寝てました。

7やっと国内線も出発。これが飛行機。小さいでしょう~?自由席です。左に乗るとボラボラが見られるという情報を得ていたので、左側へ。ただこの時、子供や家族連れ優先で、その後はみんな順番に並んで乗り込んでいるのに、左側に座るために追い抜いていった日本人カップルがいて悲しかったなー。座れなきゃ仕方ない、って思えんのか!むー。

フライトは45分。だんだんと夜も明けて、青い空が見えてきて・・・・、オテマヌ山が見えた時にはさすがに感動でした!
56

飛行機からの景色。この海の色!この山!それまでは実感なかったのだけれど、見えたとたんに「ああホントに来たんだ・・・!」って感動ひとしおでした。左の写真は、これ全部水上コテージです。大きなホテルですよね~。どこだろ?メリディアンかな?

89 

上はボラボラ島の空港。こじんまりとしてます。下が、各ホテルへ向かうボートが着く空港の船着場。空港へは、各ホテルのボートが送迎に来ています。残念ながら曇り空で、ちょっとがっかり。本当はこのあたりの海の色はボラボラでも随一なんだそう。それでもボラボラだー!オテマヌだー!と写真は抜かりなく。われらがホテルボラボラへ行くボートには私たちのほかに3組の日本人カップル。さすが結婚式シーズンねぇ。

1614

ボートに揺られて20分。やっとホテルボラボラに到着です!
船着き場にはホテルの支配人と日本人スタッフの方がお迎えに来てくれていて、みんなでウェルカムシャンパンをいただく。キリッと冷たくておいしい!

19

船着き場にはお魚がたくさんで、各自フランスパンを好きにあげていいですよ、とのこと。わー楽しい。
その後ロビーに移動して、チェックイン手続き後、お部屋へ。

10_2

最初の3泊はプールファレ。わたしたちは19番のお部屋。これがまた広いのですよ!もう幸せ。猫足のバスタブに、天蓋付きベッド、ウェルカムフルーツに、今度はお部屋に一本ウェルカムシャンパン・・・・・。嬉しい。ホテルの様子はまた改めて詳しく書きます~。

さっそくシャンパンをいただいた後は、お風呂に入って、荷物を解いて、一眠り・・・・・。

3時間ほど眠るとちょうど12時。ちょっと晴れてきたし、いざビーチへ!と着替えてビーチへ。岬を挟んで、西と東にビーチがあるけれど、散策してみると西側にはオテマヌ山とグリーンの海、東側には水平線と水色から濃い色へと変わってゆく海。サンゴが西側に生息しているので、魚は西の方がたくさんいそう。
人が集まっているのは岬のやや西のビーチバーの前あたりなのでそこに腰を落ち着けて、海に入ったり、お昼寝したり、本を読んだり、カクテル飲んだり・・・・。のんびり過ごします。

11

向こうに写っている東屋のむこうが、東側。海の色がホントに綺麗。

13

西側にはオテマヌ。長年夢見ていた風景が目の前に。感動です。

15

この日は地元の人たちが結婚式を挙げていました。「これはいわゆるタヒチアン様式ではなくて、フレンチ様式の結婚式だよ」とホテルのウェイターが教えてくれました。
「明日はタヒチアン様式の式があるから見においでよ!」と言われたので見に行く予定。しかしフォトジェニックですねぇ・・・・。オテマヌをバックにウエディングショット。幸せそうheart01

12

遅めのランチをビーチバーで。モヒートとダイキリを飲んで、チャパタ。カクテルはまぁ普通でしたが(このおばちゃんが作ってくれるんだよ)、チャパタはいまいちだったかな・・・・。結局お昼ご飯は毎日このビーチバーで食べたけれど、メニューによって◎なのと△なのがありました。
タヒチの夕暮れは早くて(よく考えたら南半球、冬だものね)16時には夕方の雰囲気になり、18時前には暗くなります。なので16時頃にはお部屋に引き揚げてお風呂。

17

17時半から、地元の女性によるタヒチアン・ママショーがあるというので出かけます。おばちゃんたちがのんびり歌って踊る、なんだかゆる~いショーでした。夕焼けを見ながらまたカクテルグラスを傾けたのでした。

18

5泊の間、美しい夕暮れが見られたのはこの日だけだったんだけど、その時はそんなこと知るわけもなく、あんまり写真を撮らなかったのが悔やまれる!
そして日が暮れると美しい星空が!あまりにもたくさんありすぎて、どれが南十字星かわからないくらい!天の川もバッチリでした。きれいな星空の下、砂浜を散歩してから晩ごはん。メインダイニングはテラス席と屋内席があるけれどもちろんテラス席で。

マグロのタルタル、サラダ、マヒマヒ(太平洋で獲れるお魚)、子羊をシャルドネでいただきます。ごはんは、そうねぇ、悪くはないけど特に美味しくもなく、値段の割にはイマイチかなぁ、という感じ。(とその時は思ったものの、5日間続けるとどうしようもなく飽きました。ということはやっぱりイマイチだった?)マヒマヒは脂の乗った鱈みたいな感じでおいしかったです。写真はどれも暗くてイマイチ。
わたしたちは1日13000CPF(パシフィックフラン)分のミールクーポンが付いていたのでずいぶん助かりました。朝昼晩しっかり食べて、ちょっと足が出るくらいだったかな?
レストランは、早い時間は日本人率が高くて、20時過ぎくらいから西洋人が多かったかな。昼間はあまり見かけない人たちもいたりして、みんなどこで過ごしてるんだろう~?って気になったり。
滞在中一番よく見かけたのがスペイン人のカップルで、朝、昼、晩、とレストランで会いました。ふふっ。

食後はお部屋に帰って、ちょっと夜空を眺めて就寝。長旅の後だったのでぐっすり・・・・。こんな感じで1日目は無事終了。長い1日でした。

|

« くらだないジョークだって忘れられない歌のように | トップページ | 誘い涙の日が落ちる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くらだないジョークだって忘れられない歌のように | トップページ | 誘い涙の日が落ちる »