« ゴミの日狂想曲 | トップページ | あの日スタートの合図で走り出してしまったぼくらに »

【タヒチ】ホテルボラボラ滞在記 プールファレ編

【タヒチ】プールファレ編

さてさて。お部屋編。ホテル・ボラボラには5泊。3泊をプールファレ、2泊を水上バンガローに滞在。このホテルには、他にもビーチファレとバンガローというタイプのお部屋がありました。

なぜ部屋を分けたかというと、タヒチに行くなら絶対に滞在したかったのが水上バンガロー。そして、このホテル・ボラボラが雑誌に掲載される時に必ず紹介されているのが、プールファレ。口コミを見ても、「プールファレが良かった!」という声が多数。それなら両方に滞在しちゃえ!ということで、分泊となりました。

ホテルのチェンジは結構面倒だけれど、同じホテル内ならパッキングも適当で済むし、何より違うタイプのお部屋を楽しめたので満足満足、でした。

A

わたしたちはNo19のお部屋。緑に囲まれた、 南国の隠れ家みたいなたたずまいに気分も高揚!

B

正面のドアから入ると、まずリビング。写真右手がガラス張りになっていて、プールがあります。2人なのにこの広さ、贅沢!奥には小さなデスクが。

S

初日には、ウェルカムフルーツとシャンパンがセッティングされていて、束の間のお昼寝の後にさっそくいただいちゃいました。南国フルーツって実はあまり好きではないのだけれど、ブドウは美味しかったです。

D

リビング正面。このお花は生花。南国らしさに、思わずニッコリ。この下に冷蔵庫とセーフティボックスの入ったキャビネットがあります。そうそう、ホテルボラボラにはテレビがないのですよ。

E

リビングの角にあるテーブル。チェックイン時、いたるところに生花(これってハイビスカス?)が飾ってあって感動しました。

L

リビングの奥から入口方向。カウチの正面にプールが広がっているのだ。

K

屋根にはもちろんファンが。蚊が多い、ゴキが出る、トカゲも出る、と聞いていましたが、幸いどれにも会いませんでした。まぁこういうところにはどれも付きものかと思うので、偶然遭遇しなかっただけかも。一応蚊取り線香は焚いてたけど。

F

これがリビングから見た景色。プールが広がってます!プライベートプールです!

C_2

意外と深かったの~。夜はライトアップもできました。ムーディだった・・・。塀の向こうは、ホテルのお庭で、向こうに見えている屋根が別のプールファレorバンガローです。このプールの底辺に沿ってリビングが、長辺に沿ってバスルーム、ベッドルームと小さいリビングが配置されているの。ちょうどL字型になってるのです。

H

バスタブは猫足!ブラインドを上げるとそこはうっそうとした緑で、覗かれる・・・・?と思いながらもあまりに気持ちいいのでお昼から開けっ放しでバブルバスに浸かっていたよ。笑

広さは、映っている部分で半分くらい。写真の左手にシャワーブースとトイレが、手前にはシンクが2つに大きな鏡。ひろびろ~、なバスルームで大満足。

J

ここにもお花が・・・・。タオルはこまめに替えてくれてました。ありがたい・・・・。

 

I

バスルームの隣はベッドルーム。天蓋付き。ええもちろん毎夜天蓋おろしてました。うふふ。紫色のカバーは実はパレオで、ホテルからのプレゼント!リネン類はすべて白でした!ウェルカムフラワーがここにも。

R

パレオを取るとこんな感じ。左手奥に見えるのがリビングで、正面の壁の向こうがバスルーム。

M

このチェアに寝そべって見上げた星空の凄さはちょっと忘れられない。素敵だった!

P

小さな東屋まであるのだ。ここで昼間っからワインやシャンパン飲んで、泳いで、最高ね。

Q

この手前のガラスの内側がベッドルーム。奥のガラスの内側が、ミニリビング。

G

これがベッドルームの奥にあるミニリビング(?)。なんて贅沢なんでしょう!雨の日に、ここで昼寝したりお酒飲んだりしてました。

O

ホテル内はこんな感じで道が通っていて、その両脇にバンガローやファレ(ファレの方が大きいらしい)建っています。向こうに見えるのは、もちろん太平洋!

このプールファレに3泊。レストランなどのあるメイン棟からは歩いて5分もかからないのにとても落ち着いて閑静。

何が良いってホント、プライベート感がたっぷりなこと。都会の喧噪とか日々の雑事とかすっかり忘れられました。昼間はビーチに出るか雨が降るかで、あまりプールに入ることはなかったんだけど、それでも大満足!

広くて快適、隠れ家的で気持ちよくて、5泊ここでも良かったよね、なんて言っていたのですが、さて、移った先の水上バンガローでどう思ったかはまた次回。          

|

« ゴミの日狂想曲 | トップページ | あの日スタートの合図で走り出してしまったぼくらに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴミの日狂想曲 | トップページ | あの日スタートの合図で走り出してしまったぼくらに »