« 誰かを好きになって流す涙ならば きっと苦いほど何かをくれる | トップページ | インフルエンザ狂想曲 »

2007年GWニューヨーク(2年遅れ)4日目

いよいよ折り返しの4日目。疲労もピークですが頑張ります!

2007年5月2日(水曜日)

9:00 起床。
10:00 ホテル発。エッサベーグルで朝食を調達してからバスでセントラル・パークへ
11:30 メトロポリタン美術館へ
15:30 クロイスターズ美術館へ向かうも、時間的にアウトなので引き返す
16:30 ロックフェラー・センター界隈でお買い物
19:00 サークルラインでトワイライト・クルーズ
22:00 ブルーノートにてカサンドラ・ウィルソンのライブ
26:00 就寝

1

昨夜の雨の名残で今朝は曇り空。晴れてくるといいけど・・・・。

滞在4日目の朝。毎日盛りだくさんの日程+寝不足でお疲れです。なのでちょっとだけ朝寝坊。。。

気を取り直して10時に出発!

2

こういう看板までフォトジェニックに思えてしまうのが、外国の不思議なところです。

さて、本日の朝ご飯はベーグルが有名なエッサ・ベーグル。50丁目にあるので、ホテルのある42丁目から3番街を徒歩で北上します。日本人もたくさん来るので日本語メニューも完備なのが嬉しいところ。

3

買い込んだベーグルと紅茶を手に、3番街を北上するバスに乗車。初バスです~。74丁目下車。便利。

セントラル・パークまで歩いてベンチでブランチ。

4

プレーン+ロックス&クリームチーズ、エブリシング+エッグ&チーズ。ベーグルって1個食べると相当お腹いっぱいになるんだよね~。本当はオニオンベーグル大好きな私ですが、かなり匂うので、本日はプレーン。美味しかった!

7

セントラル・パーク。緑が美しいです。

5

お腹いっぱいになった後はメトロポリタン美術館へ!ここは訪NYの度に来ている場所。でも何度来ても飽きません。

6

エジプト神殿。毎年5月に行われるヴォーグ主催のパーティの準備(と思われる)が着々と進んでました。ここをセレブ達が通るのかー、とドキドキ。

8

いつも飛ばしていた日本美術コーナーにも行ってみる。ヨーロッパ絵画に比べて人が少なくて見やすい・・・・。

9

10

これ、前に神戸に来たオルセー展で見て印象的だったのですが、連作だったのね。モネです。ルーアン大聖堂。

ゴッホ、ゴーギャン、フェルメール・・・・どれも見やすくて堪能。ビバ外国美術館。

11

念願の屋上庭園です。過去2回は天候不良で入れなかったので。でも今日も曇天。

12

METの後は再びバスに乗って、セントラル・パーク横断。パークを挟んでちょうど対岸、83丁目のカフェ・ラロへ。ここも毎回来てるな~。バスの中のかず激写。

13

フルーツ盛り合わせ、スパークリング・サイダー、アイスカプチーノで休憩。旅日記をつけたりしてぼんやりと過ごす。

14

ラロの風景。相変わらず込み合ってます。今回は食べなかったけどケーキも美味しいのよね。

その後、メトロポリタン美術館の分館である(同日に行くと入場無料)クロイスターズ美術館へ向うも、ハーレム付近で地下鉄が止まってしまい立ち往生。たとえ行けても、見てる時間がないね、と断念・・・・。建物自体が中世の修道院、というこの美術館、楽しみにしてたのだけど、190丁目とかなり北のほうなのですよ。残念。次回に行けるかな?

15

というわけで街中に戻った私たちは、俗世間でお買いもの~。ナインウエストで靴を買う。2足で1万円しないなんて、日本は一体何なんだろ?と、このお店に来るたびに思います。

16

ロックフェラー・センター。いつかいつかクリスマスシーズンに来たい!と思ってはいるものの、年々寒いのが苦手になってきている私は、本当にいつか来れるのでしょうか??

17

ここにぶら下げられる天使像とか、この目で見てみたい・・・・。でも今回は黄色いチューリップ。

18

セント・パトリック教会。きれいですね。

その後、ホテルに帰って30分ほど休憩。ホテルの隣にあるデリでスープを買って飲む。

19

クルーズは19時からなので、18時半ごろにタクシーに乗ってピア83のサークル・ライン乗り場へ向かいます。44丁目なので、42丁目を西へ向かいます。

2時間のクルーズ、19時の回はちょうど夕暮れ時なので、暮れゆくマンハッタンが見られて素敵なのだ!船内は暖房も入っているので暖かいです。

マンハッタン島の下半分を、西から東へ往復するコース、いざ出発!

A

BC D E F G H I J K L MN_2 

本日のエンパイアは緑。暗くなってくると船から撮る写真はすべてブレちゃってあまりきれいじゃないのですが、目で見る実物のトワイライト・マンハッタンはとても綺麗で、至福の2時間を過ごしました!

クルーズの後は、22時からのライブに向けてグリニッジ・ビレッジへ。ブルー・ノートにてカサンドラ・ウィルソンのライブ。彼女は日本でもとても有名なので、日本人のお客さんもたくさんでした。 

O

アップルマティーニとシャルドネで乾杯。シーザーサラダとシュリンプカクテルをいただく。NYのナイトライフ。

ウェイトレスさんの態度が悪かったのと、カサンドラの調子が最初はあまり良くなかったのが残念だったけど、最後は盛り上がって楽しかった!

P   

激写。みんな撮ってたけど、ホントはだめだったのかも。

帰りはタクシーで深夜帰り。こうして4日目のNYの夜も更けていきました・・・・。

|

« 誰かを好きになって流す涙ならば きっと苦いほど何かをくれる | トップページ | インフルエンザ狂想曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰かを好きになって流す涙ならば きっと苦いほど何かをくれる | トップページ | インフルエンザ狂想曲 »