« 渋滞の道も今だけは嬉しく思える | トップページ | 誰かを好きになって流す涙ならば きっと苦いほど何かをくれる »

その笑顔に私は何度救われたでしょう

♪歩幅 古内東子

2009年5月14日(木曜日)

ママとお祖母ちゃんちへ。

途中で中華ランチを食べてから出かけます。焼きそばにミニチャーハンを付けたらお腹一杯・・・・。しかしお祖母ちゃんちではママ土産の堂島ロールをいただきました。やっぱり美味しいheart01

その後ママの妹であるオバサンもやってきて、おしゃべり。と言っても私は大人の話題(?)にはついて行けないので新聞読んだりしてました。うちは日経しかとってないので、朝日とか読売とかたまに読むと面白くて隅々まで読んじゃいます。しかし最近は中日がサッパリなのでスポーツが面白くない。むむむ。

今日は泊まるというママを置いて夕方に帰宅。途中で乗り込んできた高校生のセーラー服が半袖で、そうか、もうそろそろ夏服の季節か、と夏の到来を感じてちょっとウキウキ。

昔、江国さんのエッセイで、5月になるとカルピスを買う、というくだりがあったけど、我が家には昔から、年中カルピスのストックがあります。それでもやっぱり、1番「飲みたい!」と思うのはこの季節かも。

090514

この水玉感!たまりませんねぇ。初恋の味。

|

« 渋滞の道も今だけは嬉しく思える | トップページ | 誰かを好きになって流す涙ならば きっと苦いほど何かをくれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋滞の道も今だけは嬉しく思える | トップページ | 誰かを好きになって流す涙ならば きっと苦いほど何かをくれる »