« たった1度抱きしめてくれるなら 風が涙さらう前に | トップページ | 車の窓からのぞいてる 広がる星空 »

お前だけが死ぬほど好きさ

♪祭りのあと 桑田佳佑

2009年7月6日(月曜日)

大好きってわけじゃないけど、夏になると聞きたくなるのがサザンですな。

巡り巡って月曜日。蒸し暑い・・・・・。いよいよ夏かね?梅雨明けはいつかね?寝不足ですが、ここで2度寝すると起きてビックリ!な時間になりそうなので(夕方とかね!)、頑張って起きてみる。当然ですか。

なので録画していた映画を。「愛と喝采の日々」「アメリカを売った男」。前者はバリシニコフ(SATCのペトロフスキー)の凄さを垣間見、後者はこういう世界って本当にあるんだー、と感心。

昨日、ホパパがまたまた野菜を届けてくれたので、端から揚げてみる。美味しかった。夏野菜ってのはどうしてこう美味しいのかねぇ。

090706

屋根がついたとたんに快晴続きの今年のウィンブルドンでしたが、遠くに見えるロンドン・アイとビッグ・ベンに勝手に懐かしさを感じていた私でした。

|

« たった1度抱きしめてくれるなら 風が涙さらう前に | トップページ | 車の窓からのぞいてる 広がる星空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たった1度抱きしめてくれるなら 風が涙さらう前に | トップページ | 車の窓からのぞいてる 広がる星空 »