« 売店のミスチルが心の糧 | トップページ | お帰りヨウヨウ! »

退院できなかった。。

2012年9月23日(日曜日)

朝の回診で「無理したら今日帰れないこともないけど、あと1日見た方が安心ですしオススメですよ。まだゼイゼイ言ってますし。。どうされますか?」と言われ、急ぐこともないし・・・・と、あと1日入院することにする。こないだ2歳の子が、酸素外れた翌日に退院していたので期待してたんだけど。。。

結局、RSウイルスに感染して細気管支炎を併発したらしい。この細気管支炎ってやつが、0歳児がかかりやすくて呼吸困難になったり厄介らしい。今後の喘息発症率も少し上がるらしい。。。ううう。まぁこの際しっかり治して帰りましょう、と気を取り直す。

点滴の薬も減らす予定だったんだけど、元気になったチビが暴れて漏れ出してしまったので、「一気に止めて見て様子見ましょう」と点滴自体が外れる。ついにコード無し!!抱っこもしやすいし、本人も動きやすいし、良かった良かった。

日曜なので今日もホさんが昼前にやって来て、ちょっと交代してもらって外に出る。やはり外は良いねぇ。とは言え、木曜の夜ほどの解放感は最早ありません。3時間交代して病院戻った後、彼は17時過ぎに帰ってゆく。

チビはすっかり元気になって、ベッドの柵からおもちゃをポイポイ落とすのが楽しいらしく、ずっと遊んでいた。それはそれでやっかいだけど、でも嬉しかったかな。

あとは、よそのベッドは皆面会が多くて羨ましかった。皆RSなので、基本的に部屋から出たらダメなので面会も室内なんだよねー。看護師さんに「今日は皆さん賑やかですね。すみません」と謝られる。寂しそうに見えたんだろうなぁ。

反面、幼稚園の友達ママが心配してメールくれたりして、私も段々富山に根付いてきたなぁと思ったりもした週末でした。

新しいお隣さんはなんと4歳の女の子で、RSとマイコプラズマ両方でゴホゴホ言って可哀相だった。しかし「病院のパジャマは男の子みたいでいやー!」「この枕いやー!」と言いたい放題で、お母さん困っていた。女の子って凄いなぁ。。。

1209182

病人顔だった頃。

そうそう、実家に置いてきたヨウヨウは熱も下がったきり再発せず、たまーに「ママは芦屋に来ないのかなぁ」とか「ヨウヨウくん富山に帰りたくなってきた」とか言いつつも、それなりに楽しく、泣きもせず暮らしているらしく、安心しておりました。良い子に育ったもんじゃ。

|

« 売店のミスチルが心の糧 | トップページ | お帰りヨウヨウ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 売店のミスチルが心の糧 | トップページ | お帰りヨウヨウ! »