【台北】台北旅行4日目

10月22日(日曜日)

えー、順番むちゃくちゃですが、いきなり最終日に飛びます。(だって、2・3日目は盛りだくさん過ぎて書くの大変・・・・。小出しにしたらいいんだろうけど、そうすると、多分絶対途中からアップしなくなるからさ。←経験済。)1日目と2日目午前中も下の方にあるのでお読みくださいねん。

で、最終日は5時40分ロビー集合。眠い目をこすりながら、チェックアウト。手渡されたお弁当を持って、ガイドさんに空港へ送ってもらいます。

帰りの便は8時5分発。寝ている間に日本に着いちゃいました。機内食もパスしちゃったわん。関空-台北間は1日何便か飛んでいるので、朝早い便には、帰国する日本人よりも訪日する中国人の方が多くて、イミグレも外国人ブースは激混み、日本人ブースはガラガラ、という、いつもと違う現象が起きていて不思議な気分だった。

MKの乗り合いバス(芦屋にはMKは来てくれないのです。規制があるんだとさ)、宝塚方面のリムジン、西宮方面のリムジン、と三者三方面へ向かうので、空港でお別れ。楽しかったね!

おうちに帰ったら14時前で、荷物の片付けや、部屋の整理などをしていたらあっという間に1日が終わる。たった4日(実質2日)の旅だったので、あっという間に日常に戻ってしまったけれど、台湾、楽しかった。暑くて、空が高くて、人が親切で、活気があって、ごはんがおいしくて、機会があればまた行きたいな。次は台北以外も回ってみたい。台湾は広いのだから。

ええ、夜はもちろん野球を見ましたよ。・・・・昨日見たかったなぁ!(実は台北でもBSが映ったんだけどさ、すっかり忘れてたのよね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【台北】台北旅行3日目

台北3日目であり実質最終日。今日もいいお天気です。

061021a_1 終日フリータイム。前日は1日バタバタしていたので、この日はのんびり8時起床、朝ごはんもゆっくり食べて、10時頃ホテルを出発します。朝ごはんは、台湾名物のお粥と揚げパン、ビーフンなどを食べる。オムレツも焼いてもらっちゃった。海外のホテルでの朝食って、この実演オムレツが楽しみなのよね。(で、食べ過ぎる。笑)

061021c061021d腹ごしらえの後は、地下鉄に乗って、昨日のツアーに入っていなかった龍山寺へ。ここも綺麗なお寺です。聞けば18世紀建立だそう。200年以上分の、たくさんの人たちの祈りが込められているのね。歴史のある建物独特の存在感、安定感がありました。古くて素敵。

061021h お寺を出てから西門町というところまで、20分くらい歩いて移動。
この道すがらに見た、通りに並ぶ家々やお店は、わたしが見て回った台北の中でいちばんディープなエリアでした。朝から揚げ物屋さんでごはんを食べている人々、玉が並ぶ商店、店先につるされた丸裸の鳥、古びた学校やジューススタンド・・・・そこには庶民の生活があって、中心街で見る台北の街とは違う部分を垣間見ることができたのでした。すごく興味深かったし、何より人がみんな生き生きしていたのが印象的。
写真は、夕暮れの台湾の大通り。

そして向かった先の西門町は、ガイドブックに「台湾の原宿」と書いてあったとおり、若者で賑わう町でした。なんか看板とかもオシャレ。台湾の伝統芸能の展示館をちらりと見学してから、ふたたび地下鉄に乗って今度は中山のあたりへ。

061021b 台北はかなり小さい町で、故宮博物館は繁華街から少し離れているものの、その他のめぼしい観光地は地下鉄で数駅の範囲にあるので移動が楽でした。ちょうどフリーの日が土曜日に当たったので、地下鉄は相当混んでいたけれど、清潔だし安全そうだし、かなり重宝だった。
台北の交通事情はというと、道は広いものの朝晩の渋滞はすさまじく、何より原付の多さに目を見張ります。昔教科書に載っていた、中国の自転車の多さ並み。みんなマスクをして排気ガスを防ぎながらびゅんびゅん飛ばしてるの。すごかったです。
バイクは2家に1台( って言ってたと思う)、車は数家に1台の割合で所有しているので、今後1家に1台マイカーの時代がやってきたら、交通麻痺は必至、とガイドさんが言ってました。そりゃあそうだろうな。

061021f 中山でわたしたちが目指したのは、というこれまた小龍包で有名なお店。ここでは、小龍包、カニ小龍包、海老焼売を注文。合わせて1人10個。おーいーしーかったー!特にカニ。お店の人たちはみんな若くて気さく、気持ちのいいお店でした。でもそうだなー、味比べは前日行ったティンタイフォンに軍配かな?もちろん、どちらもおいしかったのだけれどね。ここは、調理場が見えるようになっていて、中では若者たちがせっせと小龍包つくりに励んでいましたよ。「写真とってもいいよー」と言うので、パチリ。かわいい子たちだったな。

061021g_1 満腹になった後は、それぞれおみやげ屋さんを回ります。お茶屋さんをハシゴして、各自、烏龍茶やら東方美人茶やら茶器やらを買い込み、その度に試飲させてもらう。どれもおいしいお茶でしあわせ。
DFSやチャイナ服屋さん、雑貨屋さんを回り終えるとすでに夕方。1日ってあっという間ね。
疲れた足を癒すためにお茶屋さんで一休み。タピオカミルクティを頼む。これがねぇ特大なんですよ。すごいよ!飲みきれないよ!でもおいしかった。しあわせなティータイム。

その後はお待ちかねの晩ごはん。昨日行きそびれた欣葉を目指します。
向かった先は、三越中山店。また三越?!と思いつつ、今度こそ!と意気揚々、準備万端(笑)で訪れると・・・・なんと披露宴貸し切りでした!
有り得ないよー、運悪すぎー!とぼやきながら、しばし作戦会議。そこから電車で1駅くらいのところに本店があるというので、そこまでタクシーで行くことに決定。タクシー、初乗りが30台湾元、120円くらいなの。安くて便利だけれど、運転はかなり荒いのでちょっと勇気がいるかもね。怖かったよー。

061021i061021j やっと着いた欣葉本店はものすごく混んでいたけれど、フロアが広いので30分ほど待つだけで無事にアテンドされました。よかったよかった!待たされた期待感と、やっとたどり着いたという達成感の相乗効果で、そのあといただいたお食事がものすごくおいしかったことは、言うまでもありません。ふふふ。ガイドブックに載っているような、台湾料理として有名なものをオーダー。豚の角煮、牡蠣と玉子の薄焼き(超美味)、蟹おこわ、鶏カシューナッツ炒め、杏仁豆腐、台湾ビール。どれもとってもおいしくて、幸せなひととき。中華料理って、ホントおいしいよね。

おなかいっぱいでホテルに帰り、今日はまだ体力は余ってるけど、明日5時半出発だしね・・・・ということで、おとなしく荷造りして眠りにつく。2日間、あっという間!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【台北】台北旅行2日目-その2

10月20日(金曜日) 台北2日目、その2

さて。小龍包でおなかいっぱいになったあとは再び観光へ。

061020a061020b まずは中正紀元堂。中正というのは蒋介石の本名で(蒋中正というらしい)、蒋介石を讃えるための建物なのだそう。
これがねぇ、バカでかいのですよ!まず建物自体が大きいのだけれど、中にある像も非常にでかい。ワシントンのリンカーン像と張りますね。衛兵さんに守られてます。

内部には、蒋介石の人物史をパネルで説明したものや、書斎の再現、乗っていた車などが展示されています。「昔は、彼の悪口をちょっとでも言おうものなら警察に連行された」とガイドさんが言っていましたが、台湾の歴史について疎いわたしたちは、時代背景がいまいちわからず(ガイドにも載ってないんだよね)じまいだったのでした。(帰って調べました。ネットって便利ね!)
ここでねぇ、わたしは蒋介石の美男子さに目覚めたよ!やー、綺麗な顔してるのですよ、ホント。若かりし頃はさぞかしかっこよかったことでしょう。見とれちゃったよ。カリスマ顔。

061020c_1その後は、お茶の販売店に連れて行かれます。
買い物させることが目的なわけですが、お茶、試飲させてくれるのですよ。台湾の有名茶は、東方美人茶(紅茶みたいでおいしい)、阿里山烏龍茶などで、この2種と、あとプーアール茶をいただきました。どれもおいしい!20年ものとかいう高級茶葉で煎れてくれたのでおいしいのも当たり前なんだけどね。ふふっ。
飲むだけ飲んで買わなかった(だってものすごく高い)のだけれど(ゴメンナサイ!)、ホントおいしかった。ごちそうさまでした!

そして観光は続きます。
061020e061020dモダンな総督府(首相官邸)を車窓から見学して、行天宮と保安宮というふたつのお寺へ。行天宮は、商売の神様が祀られているそうで、多くの参拝客で賑わっていました。一方の保安宮はもっと落ち着いた佇まいで、ひっそりとしていて気持ちよかった。
台湾の建物って、どこも色鮮やかで美しい。大きな建物が広い空に映えるんだよね。
特に治安宮は、夕暮れの雰囲気と相まってすごく雰囲気が出ていました。熱心に祈りを捧げる信者の方たちを見て、日本にはない風景だなぁとしみじみ思ったりする。

写真は、左が保安宮。大きなちょうちんがふたつ、夕暮れの風にゆらゆらと揺られてました。ゆったりした気持ちになるね。右は、行天宮でお線香をあげているわたし。混んでいたので、他の人が持つお線香が当たって熱かった・・・・・。

このあとDFSに連れて行ってもらい(これもお約束ね)観光は終了。
わたしたちはオプションで足裏マッサージをつけていたので、お店まで送ってもらったところで終了。

061020f このマッサージがねぇ、まさに天にも昇る心地だったのよ!1日歩き疲れて棒のようだった足が、30分マッサージが終わったあとは羽が生えたように軽くなっていたもの!思っていたほど痛くなくて、むしろ気持ちよい痛みだったわね。
痛いところ=悪いところらしく、わたしは肩こり、寝不足、肝臓、卵巣(えっ・・・!)を指摘されました。思い当たる節もあり、さすがだなぁと感じ入る。友達も、腰、座骨神経など指摘されてました。台湾足裏、いいですよ!
ちなみに、手前がMちゃんの足、向こうがOさんの足、撮影者直子。ふふふ。

マッサージでリフレッシュして、時刻は18時。さぁ晩ごはんの時間です!

061020g楽しみにしていた士林夜市へ向かう。想像していた(縁日の屋台みたいなものかと思ってた)ものとは少し違って、屋根の下に、日本のフードマーケットのような感じで、ずらずらとお店が並んでいます。亀釣りや雑貨屋から、麺・飲み物・揚げ物・ジャンクもの、甘味屋までいろんなお店がたくさん。地元の人々(主に若者か子供連れ)で賑わってました。
すごいなー!活気あるねー!とぶらぶら散策。しかし、さすがにここでごはんを食べる勇気はなく、タピオカ入りミルクティを飲むだけに留まったのでした。見てるだけで面白かったので満足なんだけどね。

わたしたちが向かったのは、ホテルの横にある三越。
なぜ台湾まで来て三越なのかというと、ガイドさんオススメの「欣葉」という台湾料理店の支店があるからです!本店は駅3駅分のところだけれど、ホテル横にあるならそこでいいか、ということで。
が!しかし!いくら探してもないのよね。そこらにいた店員さんに聞いてみたら、「もうない」という悲しい返事。撤退したようです・・・。がーん。

1日遊んで疲れ果てたわたしたち。他のお店を探す気力はなく、吸い込まれるように店員さんお薦めの別の中華料理店に入る。上海料理だったけど・・・・。なぜ台湾まで来て上海料理?とも思ったけれど仕方ない。結局お昼に続き飲茶(大根餅(美味!)、湯葉春巻、豚角煮、クラゲ前菜、牛肉の揚げ物、台湾ビール)を食べましたでもねー、おいしかった!し・あ・わ・せ!061020h

←スッキリ軽い飲み口の台湾ビール。

その後は、さすがに暑い中1日遊んだので、今日も飲みに行く気力がなく、ホテルに帰ってバタンキューだったのだ。ちょっと残念。でも楽しい1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【台北】台北旅行2日目

10月19日(金曜日)

1日フリー観光がついている、台湾初日。朝ごはんはバイキング。台湾名物のお粥やビーフンから日本食、洋食、盛りだくさんでした。おいしかったー。バイキングって、つい食べ過ぎちゃうんだよね。

ホテル発は7:50、今日のガイドは陳さんです。他のホテルに宿泊しているツアー参加者をピックアップしたあと(総勢14名。結構多かった)、9時からの衛兵交代を見るべく忠烈祠(ちゅうれつし)へ。

0610194 0610195ここは台湾版靖国神社というべきところで、戦没者の慰霊のためのお寺だそうです。青い空に色鮮やかな屋根が映えてとても美しかった。
台湾、暑いです。日中は30度くらい上がるらしく、日本の8月、9月くらいの陽気。とは言え、いいお天気で気持ちよかった。過ぎたと思っていた夏がちょっとだけ帰ってきた気分。

0610193お次は故宮博物館。
世界四大博物館のうちのひとつと言われ、所蔵は60万点を超えるそう。でも、改築中で一部しか展示されていなかったのだけれどね。中国の歴史的秘宝が盛りだくさん、ということで見て回ったのだけれど、なんせ人が多い。観光客から地元の社会見学中の学生たち、人混みで疲れてしまって、最重要と言われるものを見るだけでぐったりでした。日本で開催されるオルセー展とかゴッホ展とか、ああいう感じの混み方、と言ったらわかるかしら。とにかくすごい人でした。

紀元前9世紀、とか紀元前2千年、とかの器が完全なままで展示してあったりして、歴史に感じ入る。とは言え、明朝・清朝の色が美しい陶器の方が魅力的だったけどね。
あとは翡翠を削って作った白菜とか、かなりリアルな豚の角煮を見て、なぜにこんなものを~?とケラケラ笑ったりしていました。入り口に咲いていたコスモスと、青い空、博物館の白い壁のコントラストがとても美しかった。

0610192 博物館のあとは、お約束の民芸品やさんに連行され、その後、お待ちかねの小龍包。超有名店鼎泰豊(ティンタイフォン)へ。
あらかじめツアーに組み込まれていたので、待ち時間ナシで入れましたが、外には入店待ちの人だらけだったわ!

0610191_3  食べたのはコースになっていて、野菜餃子1、小龍包5、海老餃子1、スープ、玉子チャーハン、デザート。おなかいっぱいで幸せでした!肉汁たっぷりで、ホントにおいしいお店。行く価値十分アリですよ。さばいてから30分以内の豚しか使っていないらしいです。その分他の店より高いけれど、台湾人みんなこの店好き!おいしい!とガイドの陳さんが言ってました~。
写真はもちろん小龍包。実物のほうが断然おいしそうですが、写真で我慢してください。ふふふ。

台湾2日目、その2に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【台北】台北旅行1日目

10月28日(木曜日)

高校の水泳部時代のおともだちと3人で、3泊4日の台北旅行に行ってきました!

0610182 今回の旅行は、ABロードで見つけた(雑誌の方はとうとう廃刊になってしまうのね。さみしいわ。今までありがとう!)格安旅行。3泊4日、税金込みで60500円。
1ヶ月以上前に「ホテル・航空会社指定」で申し込んだのに、出発3日前にホテル、2日前に航空会社の変更を求められ、小さい旅行会社さんなだけに、大丈夫かしらと少々不安だったものの、前日にちゃんとチケットも届いたのでした。疑ってゴメンナサイ。反省。

20時の便にも関わらず有休を取ったので、まずは朝寝坊してからパッキング。
実質2日の旅なので準備も楽ちん。サンダルで大丈夫かなぁ、などと考えつつ準備してると、わくわく度も高まるよね。たまたま母方の祖母+叔母2名が遊びに来ていたので、お昼からビールを飲みつつわいわいとごはんを食べた後、3時15分のリムジンバスで関空に向かいます。

空港で、友人その1のOさんとおちあって、お茶をしつつ計画を練っているうちに、仕事あがりの友人その2、Mちゃんも到着。わいわいやっていたら、あっという間に離陸時間となりました 。
今回はNW便だったので、アメリカ行きではないにもかかわらず、液体の機内持ち込みは禁止。免税品が全然買えなかったのが残念。マスカラも×でした。しょんぼり~。

飛行時間は約3時間。機内食を食べ、少し眠っているうちに着いてしまいました。近いねー!
時差は-1時間。現地は22時で、お迎えに来ていてくれたガイドの黄さんに連れられてホテルにチェックイン後、お風呂に入ってさっさと眠りに着いたのでした。せっかくだからホテルのバーとかで飲んでもよかった(と思っているのはわたしだけ?)のだけれど、翌日集合が7時50分だったので断念したのだ。
台湾の空気を感じるのは明日におあずけにして、おやすみなさい 。

0610181 ←というわけで、機内食。照り焼き丼でした。和/洋は選べなかったよ。そしてなんと、お酒は有料でした。国際線=アルコール無料と思い込んでいたわたしにはかなりの衝撃(笑)!香港往復の時ですらアルコール出たのに・・・・。ANAだったから?NWはやはり色々厳しいのでしょうか。ざんねーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

baby | baby 2 | Diary | Dubai | France | Gourmet | Greece | Hawaii | HongKong | Italy | Live | Movie | New York | Okinawa | others | Tahiti | Taipei | theater | Toko Furuuchi